愛犬のしつけ対策と健康管理

MENU

子犬に甘えさせるタイミング

最近では

ペットを飼えるマンションやアパート
等が増えてきています。
ただ、いくら飼う事が可能だといっても、そのペットがずっと吠え続けているようでは困りものです。
そういう事が続けば、近隣とのトラブルも引きおこしかねません。

 

子犬の場合、
環境が変わった事に動揺し、よく吠える事があります。

其れまで親や兄弟たちといたのに不意に一人ぼっちになれば心細くなり、寂しくなるのも当然です。

 

そこで、なんとかしてかまってほしいと思って吠えるわけです。
其れなのに、ただ

頭ごなしに叱りつけるのは、
しつけとしても良く御座いません。

 

さびしいならどんどん相手をしてやるのがよいと思いがちですが、そこで問題になるのは

甘えさせるタイミング
です。
子犬が吠え、其れに応じるように人間が相手をしていると、子犬は「自分が吠えれば、人間は相手をしてくれる」と学習してしまいます。
そうなってしまうと、頻繁に吠えると言う事がいつまで経ってもおさまりません。

では、どのような対応をするのがよいのでしょうね。

タイミングとしてよいのは、
犬が吠えていないとき、若しくは吠えるのを止めたときです。

そうすれば「吠えていると人間は相手をしてくれない」と学習するので、無駄に吠える事が減ってきます。

 

ここで注意が必要なのは、
人間側が折れてはならないと言う事です。

犬が吠え止む気配がないからといって吠えているときに相手をしてしまうと、結局犬は「吠えれば大丈夫」と言うかんがえから抜け出せなくなってしまいます。
何とかグッとこらえて、吠えてばかりいてはだめなのだと言う事をしつけとして身につけさせましょうね。


スポンサード広告


無料メール講座の森
更新履歴